レーザー治療でキレイにシミ除去【美容外科でアンチエイジング】

女性

肌の変化の原因

美容整形

この様に、年齢によって起こるほうれい線というものは、ヒアルロン酸を摂取することによって改善することが可能になっています。特にヒアルロン酸の場合においては安い価格でなおかつ簡単に摂取することが可能であるために良いとされています。

詳しくはこちら

適切な治療とケアで改善

美容整形

術後のケアが大事

レーザーによるシミ治療は、レーザー光線が広がらずに一直線に進み、エネルギーを維持し続ける特徴を利用しています。治療ではターゲットとなる色素細胞(シミ)にピンポイントでレーザーを照射することで、メラニンを細かく砕き破壊します。レーザーは肌に影響のない強さになっていますが、まれに肌にとって強すぎた場合などに、炎症後色素沈着と呼ばれる現象が起こることがあります。基本的には炎症が治まれば徐々に消滅していくのですが、炎症部分の皮膚のターンオーバーがうまくいかずにメラニンが皮膚の深いところまで浸透してしまったり、炎症部が紫外線を大量に浴びてしまったりすると、さらに濃くなることがあります。そのためレーザー施術後は医師の指示に従い、十分なケアと注意が必要となります。

治療器は使い分ける

シミにはさまざまな種類があります。加齢や紫外線の影響が原因となる茶色のシミは、日光性黒子や老人性色素斑と呼ばれます。また角質細胞が増えてしまうことによってイボのように膨らんだシミは、脂漏性角化症もしくは老人性いぼといいます。その他にも、いわゆるソバカスである雀卵斑や、女性ホルモンが大きく関与しているといわれる肝斑などがあります。レーザーによるシミ治療では、シミの濃さや種類などの特徴によって特性が異なるレーザー治療器や薬液を使用します。適切なレーザー治療器を使うことで皮膚へのダメージを最小限に抑えることができ、かつ治療を効果的に行うことができます。特に肝斑はレーザー治療により悪化するため実施すること自体がタブーとされてきましたが、近年は特殊な薬を併用することで治療が可能となっています。

トラブルと上手に向き合う

女の人

肌のたるみには生活改善、乾燥・紫外線予防、筋トレをすることで自分でもある程度の改善はできます。しかしプロの力を借りることでより効果があります。20代後半から肌のたるみとは付き合うことになります。上手な対策として、エステや美容整形外科も上手に取り入れることが大切です。

詳しくはこちら

たるみを除去して美しく

女

顔などには加齢とともに目の下たるみが出来がちです。それは目立つため悩み事となってしまうため防ぐ必要があります。その事が出来るのが美容整形クリニックによる手術なのですがここで、利用していく上での気を付ける点があるのです。

詳しくはこちら