アトピーの症状を改善するために出来ることから始めよう

食事と化粧品に気を配る

肌のお手入れ

避けた方がよい食べ物は

アトピーを改善するためには、まず食生活に注意を払うことが大切です。アトピーの人があまり食べ過ぎない方がよいとされているものは、肉・砂糖・リノール酸などの油・牛乳などです。肉や牛乳はそこに含まれるタンパク質が魚などに比べて分解・代謝しにくいものであるためといわれています。砂糖は代謝のためにビタミンBを大量に使い、また悪い菌の餌となってしまうのでアトピーを改善するためには摂りすぎない方がよいでしょう。油はオメガ3などアレルギーやアトピーの人でも体に悪影響が出にくいものがおすすめです。また女性の場合、アトピーを改善するには使用する化粧品にも気を配ることが大切です。食事と化粧品とを同時に工夫することで、アトピーを改善できる可能性がぐんと高くなります。

肌の上は過酷な環境

アトピー用として売られている化粧品には、天然の植物成分や動物性の成分が配合されていることが多いものです。一方で鉱物性の成分はアトピーによくないといった広告もよく見受けられます。しかし一概に植物性や動物性の成分がよくて鉱物性の成分が悪いというわけではないので注意が必要です。肌の表面は体温によって常に36度前後の温度を保っています。これは真夏の酷暑日に相当する温度です。しかも肌からは酸や塩分を含む汗や皮脂が絶えず分泌されています。この環境下では化粧品の天然成分はかえって変質しやすいことがあるのです。そのため、アトピーを改善するための化粧品は単に植物・動物性か鉱物性かこだわるよりも、パッチテストをこまめに行って安全を確かめながら使うようにすることが重要です。

皮膚アレルギーの治し方

化粧品

アトピー改善には、アレルゲン物質となるものを取り除く必要があります。これは食事療法や掃除をしやすい住環境にすることによって、アトピーの症状を改善することが可能です。他にも温泉療法も副作用が少ないうえに、医療機関との治療と平行して行えるということで人気となっています。

読んでみよう

肌質を良くする方法

足の手入れ

アトピーは掻いた痕が残らないようにするためにも、肌の乾燥を防ぐためにも保湿が大切です。加えて、肌質の改善には食生活をはじめとする生活習慣の改善が大切であり、特に食生活はバランスの取れた健康的なものを意識しましょう。

読んでみよう